下へスクロールするボタン ノベルティキャンペーン第二弾 詳しく見る

エスペランサとナチュラルバリューがコラボレーション

サバイヤバイが
誕生しました!!

サバイヤバイのロゴ

ブランド名の由来

「Sabaai(サバーイ)」は「幸せ、楽しい」を表すカンボジアの言葉です。靴を通して、作り手であるカンボジア人女性の生活が幸せな未来へと変わる。手に取ったあなたが喜んでくれれば、カンボジアでさらにまたひとつ笑顔が生まれる。こうしてみんなが幸せ(=Sabaai)に寄り添える(=by)ようなサイクルを作っていきたい。サバイヤバイには、そんな特別な意味が込められています。

サバイヤバイの雇用者や、その近くに住む家庭の多くは1日を170円以下で生活する最貧困層と言われている人々です。

その金額で、子供たちはお腹いっぱいご飯を食べることはできず、家庭によっては野草をスープの具にして食事をしているような家庭もあります。

彼らの多くが生まれた時から貧困家庭で、幼い頃から親の農作業を手伝っているため学校に行くことができず、きちんとした教育を受けないまま大人になりました。

読み書きをきちんと習っていない彼女たちは、安定した仕事を得ることが難しく、日雇い農業に行ったりゴミ拾いや物乞いをしたり村の各家を訪ねては「お皿を洗わせてください」「洗濯をさせてください」と仕事乞いをして生活をしています。

それで得られる1000リエル(約25円)で市場で少しの野菜や、家の小さな庭で育てている野菜を食べて生活をします。

そしてわずかながらの賃金で、両親と同じ貧困家庭になってしまう、という負のサイクルが発生しています。

彼女たちは、「自分の子どもたちには、同じ思いはさせたくない」という一心でサバイヤバイの仕事に取り組んでいます。

少しづつ生活は向上してきているもののまだまだ貧困の連鎖は根深く残っており、親が残した大量の借金に苦しんだり、若くして結婚をし、旦那との夫婦問題や生活苦で自殺未遂を図った雇用者もいます。

小学生くらいの子どもが、何キロも先の水汲み場にいき、10キロ以上の水を運ぶ為に、何往復もして生活しています。

村の奥地には電気やガス、水道はもちろん病院もなく不衛生な水や小さな傷から原因で体調を崩し、か弱い子供が瀕死の状態になることも珍しくありません。

子供が病気になっても、
病院に連れて行くだけの
お金がありません。

日本国内では保険が適用され、子どもが熱を出したらすぐに病院に連れて行ったり薬を買うことができますが、村の中ではそれすらも難しいことなのです。

そして普段から栄養状態の悪い子どもは、風邪や下痢だけで重大な病気に発展する可能性があります。

市内には、海外の支援により無料の子ども病院が運営されていますが40キロも離れた農村部に住む彼らは交通手段もなく、お金もないのでそこへ行くことさえもできません。

同じ未来を繰り返さない為にも、村に仕事を作り、夫婦で一生懸命働く環境をつくることが貧困のサイクルを打ち切る方法だと思います。

彼らが望んでいることは、決して裕福な暮らしではなく家族みんなが苦しまずに生きていけて、子どもを安全に育てることのできる、

【当たり前の日常】です。

カンボジア女性の笑顔

カンボジアの貧困区に住む若い女性たち
明日の生活も見えず 病気の子どもに
治療を受けさせられないこともあります
それでも彼女たちは力強く 決して笑顔を忘れません

そんな彼女たちが一つずつ悩みから解き放たれ
私たちも共に笑顔になれる方法を探して
この取り組みにたどり着きました

カンボジアからあなたへハッピーを
あなたのハッピーが彼女たちへまたハッピーを

遠く離れた2つの国をつなぐストーリー

カンボジア女性から日本へのメッセージ

サバイ女子達から日本へのサバイメッセージ

ウェアラブルカメラ

ウェアラブルカメラでルームシューズ作りを体感

第三弾は待望の商品化!

ノベルティとして大人気だったサバイヤバイの商品が
ついに商品として登場!
第1弾で人気だったビーチサンダルが進化して
ウエッジサンダルになりました。
夏のお供にぴったりの2種類のデザインです。

商品代金の一部が今後のプロジェクトの商品開発費用として
カンボジアに寄付されます。

6/30(木)から全国にて
(百貨店・アウトレット除く) 
数量限定発売

真ん中のウッドモチーフは、ココナッツでできています。 自然のものなので、同じ色は世界に二つと存在しない 特別なモチーフです。 エスニックムード漂うチロリアンテープも 一つ一つを手縫いで縫いつけました。

石は一つ一つ天然石を使用し、夏にピッタリのヒトデの シーシェルモチーフを付けました。青色の石、 ターコイズは「旅のお守り」と呼ばれる石です。 足元からあなたの毎日を守ります。

今回のデザインを考案したラーさんは2児の母です。
自分が考案したデザインを遠く離れた日本の国の
人々の手元に届くことをとても楽しみにしています。
現地の人たちは、インスタグラムなどで前回のお客様の
投稿を見て、それを生きがいに毎日を過ごしています。
日本の人たちがわたしたちが作った商品を喜んで
履いてくれているということは、彼女たちに
生活的にも、精神的にもハッピーを与えています。

サバイヤバイMOVIE

現地のサバイ女子達がどのように制作しているのか、どんな生活をしているのか、笑顔いっぱいの動画でお届けします。
きっとあなたも笑顔になれちゃいます!

第1弾 ビーチサンダル 終了しました

第2弾 ルームシューズ 終了しました